公開ワークショップ「フィギュアスケーターのためのバレエ入門」講師:町田樹(オンデマンド配信2020年9月12日〜10月12日)

フィギュアスケート男子シングルの元日本代表・町田樹さんが指導・レクチャーする公開ワークショップ「フィギュアスケーターのためのバレエ入門–「表現」熟達のための公開ワークショップ」を2020年9月12日から10月12日までオンデマンド配信します。
イープラスのチケット制の動画ストリーミングサービス「Streaming+(ストリーミングプラス)」で録画配信します。
チケット料金 3,800円(税込)。
1回の購入で配信期間中は何度でもご視聴いただけます。
新書館の雑誌「ワールド・フィギュアスケート」創刊20周年特別企画。

今回のワークショップは3部構成で、フィギュアスケートにおけるバレエスキルの応用に取り組み、美的・芸術的特性の実現力を養います。
パート1は町田樹さんによる講義。
パート2はダンススタジオでバレエのワークショップ。
パート3は町田樹さんが振り付ける小作品、ショパンの「別れの曲」をスケートリンクで演じます。
パート2・3の講師は町田樹さん、出演者は4人。プロフィギュアスケーター(瀬尾茜さん、松村成さん)やフィギュアスケート現役選手(永井優香さん、清野桃葉さん)が参加予定。

詳細は新書館のワールド・フィギュアスケート創刊20周年記念特設サイト参照。

ワールド・フィギュアスケート創刊20周年記念 情報サイト ― World Figureskating 20th Anniversary Information

「ワールド・フィギュアスケート」創刊20周年記念町田樹「フィギュアスケーターのためのバレエ入門 –「表現」熟達のための公開ワークショップ」 告知サイト
ワークショップ内容、チケット情報

World Figure Skating@WFS_JP – Twitter
フィギュアスケートの専門誌「ワールド・フィギュアスケート(WFS)」編集部Twitter公式アカウント
ワークショップの最新情報、出演者のコメント動画など更新中


ツイッター最新情報
☆予定時間を大幅に拡大し、3時間超えの配信となります
☆PART3の氷上ワークショップでは、清野桃葉さん、永井優香さん、松村成さん、瀬尾茜さんの4名が、町田樹さんが新たに振付けるショパン《別れの曲》に挑みます
☆町田樹さんがまさかの氷上へ――! オンデマンド配信による公開ワークショップ「フィギュアスケーターのためのバレエ入門」では、ショパン《別れの曲》を瀬尾さん、松村さん、永井さん、清野さんに振付指導するとともに、町田さん自身がデモンストレーションを披露しています

《ワークショップ概要》
◆「ワールド・フィギュアスケート」創刊20周年特別企画
『フィギュアスケーターのためのバレエ入門ー「表現」熟達のための公開ワークショップ』

▽ オンデマンド配信
配信開始:2020年9月12日(土)12:00
配信終了:2020年10月12日(月)23:59

▽ チケット
料  金:3,800円(税込)
販売開始:2020年8月1日(土)10:00
販売終了:2020年10月12日(月)18:59
※ チケットはイープラスのみのでの取り扱いとなります。
※ ご利用には「e+(イープラス)」への会員登録が必要となります。(入会金・年会費は必要ありません)
※ 1回の購入で配信期間中は何度でもご視聴いただけます。

▽講義・ワークショップ:
町田 樹 (慶應義塾大学・法政大学非常勤講師)

▽出 演 *出演者は変更になる可能性があります
瀬尾 茜 (プリンスアイスワールド)
松村 成 (プリンスアイスワールド・新横浜スケートセンターインストラクター)
永井優香 (早稲田大学・2020 年度日本スケート連盟強化指定選手)
清野桃葉 (西武東伏見フィギュアスケートクラブ)

▽配信プログラム内容(予定)
PART1 町田樹によるレクチャー「表現の熟達のために」
PART2 バレエスタジオワークショップ
PART3 氷上ワークショップ

主催:新書館 
監修:Atelier t.e.r.m (アトリエ・ターム)
協力:プリンスアイスワールド
撮影・編集:加藤清之 
シューズ提供:チャコット 
楽曲提供:Tzvi Elez(ツヴィ・エレツ)

>新書館では、「ワールド・フィギュアスケート」創刊20周年記念特別企画として、町田樹さんの指導・レクチャーによる公開ワークショップをオンデマンド配信で開催いたします。
>今回のワークショップは、知的感性が光る情感豊かな演技で魅了した元スケーターであり、「フィギュアスケートと舞踊の関係性」を研究する町田さんとともに立ち上げた新たなプロジェクトです。
>ワークショップには、プロスケーターと選手の4名が参加。それぞれの立場で、バレエとフィギュアスケートの新たな試みに挑戦します。スタジオワークショップでは、フィギュアスケートに応用可能なバレエスキルを実践します。いっぽう、氷上ワークショップでは、出演者全員で、今回町田樹さんが新たに振付けるショパン「別れの曲」を滑りながら、「フィギュアスケートの美的・芸術的特性」の実現力を養います。
>フィギュアスケートはバレエをいかに昇華するか──。フィギュアスケートファンはもちろん、バレエファンの皆様にも興味深い内容になるに違いありません。どうぞお楽しみに。

※ ブログやSNS等でのイベントに関する感想は自由ですが、
  レクチャー・ワークショップの内容の書き起こし公開等はご遠慮ください。
 
《チケット販売》
【Streaming+】町田樹「フィギュアスケーターのためのバレエ入門――「表現」熟達のための公開ワークショップ」のチケット情報 – イープラス

———–

町田樹さんの公式サイトはこちら。
フィギュアスケーター、研究者としての活動の記録を公開しています。

Tatsuki Machida 町田 樹 OFFICIAL WEB SITE

NEWS | Tatsuki Machida 町田 樹 OFFICIAL WEB SITE
2020.08.01
オンデマンド公開ワークショップ「フィギュアスケーターのためのバレエ入門」のお知らせ

※なお、同じく新書館との協働企画である講演会「マルチメディア時代のフィギュアスケート」も二度の延期で大変なご迷惑をおかけしておりますが、11月の開催に向けて別途鋭意準備を進めております。

町田樹さんは2015年3月に関西大学卒業後、2015年4月に早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修士課程へ進学。2017年3月に修士(スポーツ科学)の学位を取得。2017年4月から同大学博士後期課程、2020年3月修了。博士(スポーツ科学)取得。
2018年から慶應義塾大学と法政大学で非常勤講師を務め、2020年10月より國學院大學人間開発学部 健康体育学科 助教に就任予定。
慶應と法政で身体表現技法、ダンス実習の実技科目の授業を行っていて、これが今回のワークショップにつながっています。

《書籍》
町田樹さんの最新の著作。
博士論文をまとめた学術書。

アーティスティックスポーツ研究序説:フィギュアスケートを基軸とした創造と享受の文化論 (日本語) 単行本 – 2020/6/16
【アマゾン】
著者:町田樹
単行本 : A5・413ページ
出版社 : 白水社 (2020/6/16)
定価:本体5,000円+税

アーティスティックスポーツ研究序説 – 白水社
出版社商品紹介
目次あり