雑誌「フィギュアスケートLife(ライフ) vol.6」(扶桑社)2016年6月刊行

『フィギュアスケートLife(ライフ) vol.6』
出版社: 扶桑社(扶桑社ムック)
分類:雑誌(不定期刊行)
判型:A4判雑誌/143ページ(オールカラー)
発売日:2016年6月6日
定価 1836円(本体1700円+税)
商品パッケージの寸法: 29.4 x 20.8 x 1 cm
表紙写真:羽生結弦

扶桑社のフィギュアスケート季刊誌第6弾。
2015-2016シーズン終了特集。
2016世界選手権&チームチャレンジカップ大特集 50人インタビュー

羽生結弦選手の独占インタビューは世界選手権エキシビション直後と、世界選手権から1か月半後の取材。今季の振り返りと来季のプログラム。治療中の足の状況について。
(ライター:山本夢子、長谷川仁美)インタビュー部分5ページ。

小塚崇彦 引退記念インタビュー(12ページ)
3月15日の引退発表から1週間ほど後の取材。文・長谷川仁美。
インタビュー7ページ。多数の写真で現役時代を振り返る(ジュニア時代から最後のスターズオンアイス2016で佐藤コーチに背中を押されるシーンまで)。いい写真たくさんです。
後輩スケーターやファンの方に伝えたいことはちゃんとお話ししています。

宮本賢二さんの対談コーナー「もっと! 賢二としゃべろうよ!」ゲストは漫画家の久保ミツロウさん。6ページ。文・山本夢子
アニメ「ユーリ!!! on ICE」関わりと、2014MOIの町田バナーの話など。

フィギュアスケート Life Vol.6 |書籍詳細|扶桑社
(出版社商品紹介)
商品紹介。(試し読みなし)
(次号刊行以降に電子版が出ます)

ライター:山本夢子、長谷川仁美、小坂有紀(アイカ工房)
写真:浅倉恵子

《内容紹介》
★2016世界選手権&チームチャレンジカップ大特集 50人インタビュー!
★羽生選手独占取材、宇野選手4回転フリップ初成功インタビュー

●2016世界選手権特集
羽生結弦 最新インタビュー「怪我との闘い、自分との闘い」
宇野昌磨/宮原知子/浅田真央/本郷理華/村元哉中&クリス・リード

ハヴィエル・フェルナンデス/エフゲニア・メドベージェワ/パパダキス&シゼロン/デュハメル&ラッドフォード/アシュリー・ワグナー/ミハイル・コリャーダ/ウィーバー&ポジェ/ハベル&ドノヒュー/マイア&アレックス・シブタニ/グレイシー・ゴールド/スイ&ハン/サフチェンコ&マッソ/チョーク&ベイツ/カッペリーニ&ラノッテ/パトリック・チャン/マイケル・クリスチャン・マルティネス/デニス・テン/エレーナ・ラジオノワ/長洲未来/ギレス&ポワリエ/ステパノワ&ブキン/シニツィナ&カツァラポフ

●コーセー・チームチャレンジカップ2016特集
宇野昌磨インタビュー「4回転フリップよりも、笑顔で滑れたことに達成感」
宮原知子/本郷理華/知子&理華 仲良しガールズトーク
ジェイソン・ブラウン/アダム・リッポン/ボーヤン・ジン

●アイスショー
スターズ・オン・アイス2016/プリンス・アイス・ワールド2016

●小塚崇彦 引退記念インタビュー

●New Faces
デニス・ヴァシリエフス/カレン・チェン/ジュリアン・ツーチー・イー/エリザベート・トゥルシンバエワ/ヤスミン・キミコ・ヤマダ/トルン&パルタネン

「もっと!賢二としゃべろうよ!」ゲスト・久保ミツロウ
ミーシャ・ジー連載最終回「One on the Ice」
「ニッポンのフィギュアスケートをつくる人・支える人」青嶋正(マッサージセラピスト)
「コーチの肖像 番外編」マリーナ・ズエワ/ラファエル・アルトゥニアン/ブルーノ・マルコット

フィギュアスケートLife Vol.6 (扶桑社ムック)
【アマゾン】

フィギュアスケートLife Vol.6 [扶桑社]
【楽天ブックス】

《関連記事》

雑誌「フィギュアスケートLife(ライフ) vol.1」(扶桑社)2015年3月刊行

雑誌「フィギュアスケートLife(ライフ) vol.2」(扶桑社)2015年6月刊行

雑誌「フィギュアスケートLife(ライフ) vol.3」(扶桑社)2015年9月刊行

雑誌「フィギュアスケートLife(ライフ) vol.4」(扶桑社)2015年12月刊行

雑誌「フィギュアスケートLife(ライフ) vol.5」(扶桑社)2016年3月刊行



イベント「ユーリ!!! on ICE スペシャルステージ」2016年8月21日(日)予定/テレビ朝日夏祭り
久保ミツロウさんのトーク関連。

久保ミツロウさんと「ユーリ」の関わりについては、雑誌『フィギュアスケートLife Vol.6』(扶桑社/2016年6月)の「もっと!賢二としゃべろうよ!」宮本賢二さんとの対談で語っています。
もとはオリンピックで見るぐらいだったが、ソチ五輪あたりからテレビやラジオでフィギュアスケートの話をするようになった。
フジテレビのトーク番組「こじらせナイト」で共演しているヒャダインさんに誘われてファンタジー・オン・アイスに行き、初めてフィギュアスケートを生で見た。ヒャダインさんは安藤美姫さんとドラマで共演して誘われた。ヒャダインさんと安藤さんが共演したのが2014年6月28日放送のドラマ「奇跡の教室」(日本テレビ)。
2014年夏に、共通の知人の仲介で山本紗代監督に誘われてフィギュアスケートアニメの企画に関わる。
ブロック大会からGPFまで取材に行って、2014年の全日本とMOIも二人で現地に行く。全日本最終日の町田樹さんの引退宣言に衝撃を受け、現地で共同制作で町田バナー作成。MOIの会場でスケートファンにも話題になる。

(対談では出てこないけど、MOIバナーの後、こじらせでフィギュア男子フリップ芸→無良選手とツイッターでやり取り→羽生選手イラスト→小塚さんの結婚式ウェルカムボード無茶ぶりに続く)