2017-2018シーズンのスケート年齢

フィギュアスケート競技では、毎年7月1日から新しいシーズンが始まります。
出場できる試合のカテゴリはシーズンが始まった時点での年齢で区分されます。
(日本の公式試合では、所持するバッジテストの級数も関係する)

■2017-2018シーズンのスケート年齢
(全日本選手権および予選会の出場資格)
(2017年7月1日~2018年6月30日)

▽選手権(シニア)
2017年7月1日以前に15歳に達している者
(2002年6月30日以前に生まれた者)

▽ジュニア選手権競技
男女シングル、ペア女子、アイスダンス女子
1998年7月1日~2004年6月30日の間に出生した者
ペア男子、アイスダンス男子
1995年7月1日~2004年6月30日の間に出生した者

▽ノービス選手権競技
男女シングルAクラス
2004年7月1日~2006年6月30日の間に出生した者
男女シングルBクラス
2006年7月1日~2008年6月30日の間に出生した者
アイスダンス男子
2000年7月1日~2008年6月30日の間に出生した者
アイスダンス女子
2002年7月1日~2008年6月30日の間に出生した者

ノービス、ジュニアにあがるタイミングは年齢で決まる。
ジュニアからシニアに上がる年齢は、それぞれの選手の成績などで異なる。
1998年7月1日~2002年6月30日生まれ(シーズン開始時に19歳から15歳)のシングル選手は、シニア・ジュニアいずれか選択できる。
シーズン前半はジュニアの試合に出て、シーズン後半はシニアの試合に出場することは可能。
たまにシニアのグランプリシリーズに参戦したシーズンに、世界ジュニアに出場する選手もいる。

日本スケート連盟
(公式サイト)

Japan Skating Federation Official Results & Data Site(新)
日本スケート連盟試合結果公式サイト>