タイトル変更「氷滑雑録」

ブログタイトルを変更します。
「フィギュアスケート情報」ってタイトルは長い割にひねりがないので。

旧タイトル:フィギュアスケート情報
新タイトル:氷滑雑録(ひょうかつざつろく)

「氷滑」はアイススケートの日本語訳。明治時代に使われた言葉です。
明治時代に仙台でフィギュアスケートを始め、全国に技術を普及させた河久保子朗が書いた日本初のスケート技術書のタイトルが「氷滑」と言います。

『氷滑』河久保子朗:著(大正6年刊行)
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/956447
(国立国会デジタルコレクション)

英語が使えなかった戦時中の新聞ではフィギュアスケートを「型滑」と表記していました。

『運動年鑑. 昭和16年度』朝日新聞社
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1138743