日本スケート連盟の新しいエンブレム<アイスマーク>が2021年9月1日に発表

日本スケート連盟の新しいエンブレムが2021年9月1日に発表されました。

日本スケート連盟公式サイトのプレスリリースと、日本スケート連盟の公式YouTubeチャンネルで紹介されています。
※日本スケート連盟の公式サイトもアドレス(URL)変更しました。

新しいエンブレムのデザインは、直線で構成された幾何学模様。

左側は躍動するスケーターのシルエットと、漢字の「氷」のシェイプと、氷の結晶を重ね合わせた「アイスマーク」(金色)。
右側は<Japan Skating Federation(日本スケート連盟の英語表記)>の頭文字「JSF」(白抜き文字)。

アイスマークのカラーは「金色」、地色は「勝ち色(濃い藍色)」。

各種目のエンブレムは金色と各競技を表現する色を組み合わせ。
・スピードスケート競技:金色+赤色のアイスマーク、「SPEED SKATING」
・フィギュアスケート競技:金色+水色のアイスマーク、「FIGURE SKATING」
・ショートトラック競技:金色+橙色のアイスマーク、「SHORT TRACK」
・普及部門:金色+緑色のアイスマーク、「DEVELOPEMENT」

☆「かちいろ」は「勝色(褐色、搗色、かちんいろとも書く)」。
濃い藍色。黒く見えるほど濃い暗い紺色。
藍の染料を杵などでついて布にしみこませる「搗染(かちぞめ)」とい染色法から。
「搗色」→「かちいろ」→「勝色」で縁起をかついで、武具や祝賀に用いられた。
JIS規格「物体色の色名」111(暗い紫みの青)

※褐色を「かっしょく」と読む場合は黒みを帯びた茶色で別の色。

※旧デザインは曲線的な幾何学模様。100年ぐらい昔のフィギュアスケートの種目の「スペシャルフィギュア」の課題だったエッジで氷に描く図形がモチーフになっています。まだ公式サイトのファビコン(アイコン)に残っています。

☆日本スケート連盟公式サイトのアドレスが変更しました。

旧アドレス:https://www.skatingjapan.or.jp/

新アドレス:https://skatingjapan.or.jp/

日本スケート連盟
2021年9月1日 日本スケート連盟公式サイトリニューアルしました。

新エンブレムデザイン発表のお知らせ | 公益財団法人 日本スケート連盟 – Japan Skating Federation

新エンブレムデザイン発表のお知らせ(pdfファイル) | 公益財団法人 日本スケート連盟 – Japan Skating Federation
新エンブレムをカラー画像で紹介(PDFファイル)。

日本スケート連盟 /Japan Skating Federation – YouTube
YouTube日本スケート連盟公式チャンネル

日本スケート連盟 新エンブレムデザイン発表 – YouTube

新エンブレムの発表と2029年の連盟創立100周年に向けての決意。連盟の長島会長のあいさつと各種目トップ選手の意気込み。

《関連記事》
2021-2022シーズン/主要なフィギュアスケート国際大会予定(世界選手権・四大陸選手権ほか)

2021-2022シーズン/フィギュアスケート国内大会日程・開催地(ブロック大会、全日本選手権ほか)

2021/2022フィギュアスケートISUグランプリシリーズ(GPS)開催地・日程+日本人選手アサイン

2021/2022シーズンのフィギュアスケートISUジュニアグランプリ(JGPS)開催地・日程
ジュニアグランプリシリーズは8月から始まりました。
9月1日の日本スケート連盟の理事会で、今季のジュニアグランプリシリーズ全大会に日本選手を派遣しないことが決まりました。

【アマゾン】