NHK文化センター講座「新潟・燕ブレード開発物語」2019年8月24日仙台教室・25日庄内教室予定

2019年8月にNHK文化センターで、燕市フィギュアスケートブレード開発研究会の講座(講演会)が予定されています。
講座名は「新潟・燕ブレード開発物語」。
2019年8月24日に仙台教室(宮城県仙台市)、8月25日は庄内教室(山形県鶴岡市)。

新潟県燕市の地場産業である金属加工。その技術を駆使したフィギュアスケート用のブレード(金属刃)の開発の取り組みを紹介します。

詳細はNHK文化センター公式サイトで。

NHK文化センター | 好奇心の、その先へ NHKカルチャー
(公式サイト)


■NHK文化センター「新潟・燕ブレード開発物語」
2019年8月24日(土)仙台教室
2019年8月25日(日)庄内教室

講師:燕市フィギュアスケートブレード開発研究会

▽講座内容
フィギュアスケートのブレードはほとんどが欧米製の中、燕市の金属加工技術を駆使して世界を目指せるブレードの開発が進んでいます。地場の技術を結集した取り組みの最前線をお伝えします。

◇教室名/仙台教室(1回)
開催日/2019年8月24日(土)13:00~14:30
会場/仙台教室(宮城県仙台市青葉区)
受講料(税込)会員 2,473円/一般(入会不要) 3,034円

▽持ち物
筆記用具

▽会場/NHK文化センター仙台教室
所在地:宮城県仙台市青葉区立町27-21 仙台橋本ビルヂング2F
・「勾当台公園駅」徒歩7分、市営バス「メディアテーク前」下車

NHK文化センター仙台教室:新潟・燕ブレード開発物語 | 好奇心の、その先へ NHKカルチャー
講座内容

◇教室名/庄内教室(1回)
開催日/2019年8月25日(日)10:00~11:30
会場/庄内教室(山形県鶴岡市)
受講料(税込)会員 2,473円/一般(入会不要) 3,034円

▽持ち物
・必要な方は筆記用具
全席自由です
写真撮影・録音・録画は ご遠慮ください

▽会場/NHK文化センター庄内教室
所在地:山形県鶴岡市本町1-6-7(鶴岡銀座通商店街Dada(旧セントル)向かい)

NHK文化センター庄内教室:新潟・燕ブレード開発物語 | 好奇心の、その先へ NHKカルチャー
講座内容

———-
フィギュアスケートのブレード開発|燕市
燕市のプロジェクト公式サイト
燕の金属加工技術で世界を目指せるフィギュアスケートのブレードを開発しています。
新潟県スケート連盟と燕市商工振興課が中心となって発足。
開発の第一歩として、2017年7月にブレード開発に興味のある企業を対象としたブレード開発勉強会を開催しました。
8企業が参加して2018年1月から試作品の開発が進んでいます。
燕ブレードを使用した新潟代表選手が2019年冬季国体に出場しました。
工業製品の見本市に出展したり、2019年6月の日本フィギュアスケーティングインストラクター協会総会でPRするなど普及活動を始めています。

燕市フィギュアスケートブレード開発研究会@tsubame_figure – Twitter
>当研究会では、高品質で低価格な「国産ブレード」を燕の金属加工技術を用いて開発し、フィギュアスケートの競技人口増加や競技力向上の一助になることで、産地としてのブランド力向上に繋げていくことを目指しています。

燕ブレードは「軽量化と強度のバランスの良さを兼ね備えたブレードの開発」を目指しています。
従来品と同じく、ブレードと取り付け部分を溶接でつないでいます。

新しい日本製のブレードというと。小塚崇彦さんと山一ハガネが開発している「KOZUKA BLADES(小塚ブレード)」が注目されています。
金属の塊から削り出した、頑丈で高価なブレード。2018年4月に市販を開始して、使用する選手やコーチがじわじわ増えています。

小塚ブレードが上級者向け、燕ブレードが初級者~中級者向けですみ分けるのかな。
スケート靴を扱うショップに商品を置いてもらって、お客さんに勧めてもらうのもいいんじゃないの。