フィギュアスケート世界選手権2021派遣の日本代表選手決定(2020/12/27)

2020年12月27日(日)で終了した全日本選手権(全日本フィギュア)の結果を受けて、世界選手権2021に派遣されるフィギュアスケート日本代表選手が決定しました。

「世界選手権2021」(ストックホルム/スウェーデン)は2021年3月22日~28日開催予定。
今季の世界選手権の順位は、2022北京五輪の出場枠がかかります。

2020-2021シーズン後半の国際大会、四大陸選手権と世界ジュニア選手権は開催中止。

日本スケート連盟

2020-2021 シーズンフィギュアスケート国際競技会派遣選手選考基準|日本スケート連盟
pdfファイル

第89回 全日本フィギュアスケート選手権大会(滑走順/競技結果)公式リザルト
全日本選手権2020競技結果
男子30名、女子30名、アイスダンス5組エントリー

■フィギュアスケート 日本代表選手(敬称略)

◇世界選手権
2021年3月22日~28日(スウェーデン・ストックホルム)

▽男子
羽生結弦、宇野昌磨、鍵山優真

▽女子
紀平梨花、坂本花織、宮原知子

▽ペア
三浦璃来&木原龍一

▽アイスダンス
小松原美里&小松原尊

◆全日本選手権2020 新人賞
男子:三浦佳生
女子:松生理乃
——————–

世界選手権代表は順当に決定。
男子シングル、女子シングルはシニア全日本の表彰台の3人がそのまま世界選手権代表。
鍵山優真選手は初のシニア世界選手権出場。羽生選手と宇野選手という超頼りになる先輩たちがついているから安心です。
女子は平昌五輪代表の宮原選手と坂本選手の二人に、3Aと4Sを実装した紀平選手。3枠取りにはベストな布陣。
アイスダンスは優勝の小松原美里&小松原尊組。ティム・コレト選手が日本国籍を取得して「小松原尊」として初めての日本代表。
全日本ではペア競技は開催せず、カナダで練習している三浦璃来&木原龍一組がペア代表に選出。

フィギュア世界選手権は外部接触断つ「バブル」検討 – フィギュア : 日刊スポーツ
[2020年11月27日1時33分]

ストックホルム世界選手権については、ホテルと会場のリンクの往復だけで外部との接触を断つ「バブル」環境で行うことを検討している。
選手や関係者の負担は大きいけど、何とか無事に開催されてほしい。

《関連記事》
全日本選手権「第89回全日本フィギュアスケート選手権大会」大会概要(2020年12月24日~27日/長野・ビッグハット)

フィギュア全日本エキシビション「メダリスト・オン・アイス2020(MOI)」2020年12月28日開催予定(長野・ビッグハット)

テレビ放送予定/全日本フィギュアスケート選手権2020(全日本選手権)フジテレビ系・12月25日~28日

2020-2021シーズン/フィギュアスケート国内大会日程・開催地(ブロック大会、全日本選手権ほか)



フィギュアスケートテレビ放送情報

フィギュアスケート競技会情報