フィギュアスケート2019年度強化選手発表(2019/2020シーズン)日本スケート連盟

日本スケート連盟公式サイトで2019年度強化選手が発表されました(2019年4月25日付)。
(2019年/平成30年/令和元年)

2019/20シーズンの期間は2019年7月1日から2020年6月30日。

フィギュアスケート特別強化選手は男子4名、女子5名(2019年4月25日発表時点)
※6月ごろのグランプリシリーズのアサイン発表の後や、ジュニアグランプリ出場選考会の後に強化指定が変更される場合があります。

日本スケート連盟
(公式サイト)

2019年度強化選手 | 公益財団法人 日本スケート連盟
スピードスケート、ショートトラック、フィギュアスケート
各選手の紹介ページは7月1日(月)公開予定です。

2019年度強化選手 フィギュアスケート(pdfファイル)
2019年4月25日付

■2019年度強化選手(フィギュアスケート)
*: JOCオリンピック強化選手

▼特別強化選手:男子シングル
*宇野昌磨(トヨタ自動車)
*髙橋大輔(関西大学KFSC)
*田中刑事(倉敷芸術科学大学)
*羽生結弦(ANA)

▼特別強化選手:女子シングル
*坂本花織(シスメックス)
*紀平梨花(関西大学KFSC)
*宮原知子(関西大学)
*三原舞依(シスメックス)
*樋口新葉(明治大学)

▽強化選手A:男子シングル
*友野一希(同志社大学)
*島田高志郎(木下グループ)
*鍵山優真(神奈川FSC)
*壷井達也(中京大中京高校)
*木科雄登(金光学園)
*佐藤駿(埼玉栄高校)

▽強化選手A:女子シングル
*山下真瑚(中京大中京高校)
*横井ゆは菜(中京大学)
*細田采花(関西大学)
*荒木菜那(中京大中京高校)
*川畑和愛(N高東京)
*白岩優奈(関西大学KFSC)

▽強化選手B:男子シングル
山本草太(中京大学)
山隈太一朗(明治大学)
中村優(関西大学)
三宅星南(岡山理大附高校)
須本光希(浪速中・高スケート部)
三浦佳生(KOSE新横浜プリンスFSC)

▽強化選手B:女子シングル
松原 星(明治大学)
渡辺倫果(青森山田高校)
青木祐奈(横浜清風高等学校)
長縄和奏(グランプリ東海クラブ)
岩野桃亜(関西大学KFSC)
松生理乃(グランプリ東海クラブ)

▽強化選手A:ペア
*三浦璃来(大阪スケート倶楽部)
*市橋翔哉(関西大学)

▽強化選手A:アイスダンス
小松原美里(倉敷FSC)
ティム・コレト(アメリカ)

▽強化選手B:シンクロナイズド
神宮アイスメッセンジャーズ



特別強化選手、男子シングルは全日本表彰台3人+世界選手権銀メダルの羽生結弦選手。
女子は全日本表彰台3人+四大陸選手権3位の三原舞依選手+昨季世界選手権2位の樋口新葉選手。

今年、明治大学に進学した樋口新葉選手、山隈太一朗選手、松原星選手が強化入り。今年のトレンドは明大か。
坂本花織選手が神戸学院大学進学、横井ゆは菜選手が中京大学進学、須本光希選手が関西大学に進学、佐藤駿選手が埼玉栄高校に進学。
(三原舞依選手は昨年、甲南大学に進学)

細田采花選手が全日本選手権でトリプルアクセルを成功させて8位入賞、24歳で初めて強化選手Aに指定されました。全日本の結果次第で強化入りできることは、他の選手の励みにもなります。

本田真凜選手(JAL)が強化選手から外れました。全日本選手権15位、国際大会で表彰台なしとなると致し方ない。今年のシニア強化選手は全日本14位まででした。シーズンベストスコアが32位、世界ランキング28位(次シーズンになるともっと下がる)だとグランプリシリーズに招待されるか微妙。
あとはグランプリシリーズ(NHK杯)の選考会で地元枠で出場を目指すか、次の全日本選手権で上位に入って強化選手復帰を目指すか。まだ高校生、次の北京五輪までに浮上してほしい選手です。

昨年度はペアが2組、アイスダンスが3組強化指定を受けて将来は明るいと思っていたら、1年でペア1組、アイスダンス2組が解散してしまいました。カップル競技はシングル以上に怪我のリスクが大きいし、競技を続けるのに周囲の支えが必要。なかなか続けるのが難しい。



《関連記事》
フィギュアスケート平成30年度強化選手(2018/2019シーズン)日本スケート連盟(2018年7月改訂)
前年度の強化選手。

フィギュアスケートテレビ放送情報

フィギュアスケート競技会情報

氷上演技会情報(アイスショー情報ブログ)

《広告》———-