茨城県県民大学「フィギュアスケートの楽しみ方講座」講師:杉田秀男(2019年7月2日~9月3日・全5回)@茨城県県西生涯学習センター

茨城県県西生涯学習センター(茨城県筑西市)で開催される平成31年度 茨城県弘道館アカデミー 県民大学(前期講座)。
その中のカルチャー講座で、フィギュアスケートの元国際審判・解説者の杉田秀男さんが講師を務めるフィギュアスケート講座(講演会)が予定されています。
2019年7月2日から9月3日までの全5回。
定員50名。受講対象は16歳以上。
申込期間は4月4日~5月6日に往復はがき、インターネット、来所で申し込み。

詳細は、茨城県県西生涯学習センターのHP、Twitter、Facebookにて。

茨城県 県西生涯学習センター
(公式サイト)

茨城県県西生涯学習センター@kensei1151 – Twitter

平成31年度 茨城県弘道館アカデミー 県民大学(前期講座)受講生募集案内 – PDFファイル

■フィギュアスケートの楽しみ方講座
講師:杉田秀男(元フィギュアスケート国際審判員・解説者)
会場:茨城県県西生涯学習センター(茨城県筑西市)
開講日:2019年7月2日、9日、30日、8月6日、9月3日
曜日・時間:火曜日 13:30~15:30
回数:5回(全10時間)
受講料:3,000円(5回分)
定員:50名

▽内容:
多くの日本人選手が世界で活躍するフィギュアスケート。
でもフィギュアスケートを観るのが好きな方も、ジャンプやスピンなどの区別がつかない、得点の付け方が良く分からないと感じることはありませんか?
本講座ではそんなフィギュアスケートの技やルールについて解説したり、観戦時に注目すべきポイントや今後の展望についてもお話します。
この講座を聞けば、フィギュアスケートを観るのがもっと楽しくなるはず。

7月2日/現在の競技としてのフィギュアが成立するまで
7月9日/フィギュアスケートを成長させてきた先駆者たち
7月30日/いまさら聞けないフィギュアスケートのルール解説(1)
8月6日/いまさら聞けないフィギュアスケートのルール解説(2)
9月3日/フィギュアスケート観戦・鑑賞の心得、今後の展望

◇講師:杉田秀男(すぎた・ひでお)
1935年東京都生まれ。
元フィギュアスケート選手、国際審判員、解説者、TBSスポーツ局長。
1956年全日本フィギュアスケート選手権男子シングル優勝。
1957年世界選手権出場。
現役引退後は国際審判(ISU [国際スケート連盟] レフェリー)に転身、五輪・世界選手権等で審判を務め、2005年で引退。
これまでに日本スケート連盟理事、フィギュア部長、強化部長、五輪・世界選手権監督等を歴任。

—————————-
◆受講申し込みについて
申込期間:2019年4月4日(木)~5月9日(木)
往復はがき(1講座1人1枚)、インターネット、来所で申し込み。
受講対象は16歳以上。
連名での申し込みはできません。
定員に満たない講座については、申込期間を延長する場合もあります。
※過去に県民大学を受講されて受講番号(ID番号)をお持ちの方は記載してください。県民大学手帳に記載されています。初めての方は「なし」と記入。

◇往復はがき
5月9日(木)当日消印有効
(宛先、記入内容は受講生募集案内参照)

◇インターネット
茨城県県西生涯学習センターのホームページで「県民大学申込み」をクリック。
5月9日(木)17:00まで受付

◇来所
返信用の通常ハガキを1枚持参して、茨城県県西生涯学習センター1階の生涯学習相談コーナーにお越しください。

▽受講者の決定
定員未満の講座は全員受講できます。
定員を超えた講座は抽選(定員を超えて開講する場合もあります)。

5月23日(木)までに返信します(決定・落選・補欠の通知)。

▽受講料
受講料等は第1回講座当日、受付にて現金で納入してください。納入後は返金できません。
材料費、テキスト代及び現地研修等に要する経費は、別途受講者負担となります。

▽託児
講座受講中、3歳から就学前までのお子様を託児室でお預かりできます(詳細は受講生募集案内参照)。

■茨城県県西生涯学習センター
所在地:茨城県筑西市野殿1371
午前9時~午後9時まで
月曜休館日(月曜祝日の場合は火曜休館)

———————-

現在もフィギュアスケート解説をされている杉田秀男さん。今年もJ SPORTSで全米選手権、四大陸選手権、インターハイの解説をされています。
スケオタからは愛情と尊敬を込めて「杉じい」と呼ばれます。
戦後のフィギュアスケート発展を日本代表選手として、国際審判(ジャッジ)として、日本スケート連盟役員として現場で支えてきた方です。

こんなすごい人の講座を受講できるのがたった50人。
東京なら3倍の人数でもすぐに埋まるでしょう。
茨城県内の常設スケートリンクは笠松運動場スケートリンク(9月~3月末)だけで、スケートが盛んな地域ではありませんが、担当さんは頑張って企画しました。えらい。

杉田さんが語る「フィギュアスケートを成長させてきた先駆者たち」の話は聞きたい。本にまとめてくれたらお金を出しても欲しいです。

関連記事》———
フィギュアスケートテレビ放送情報

フィギュアスケート競技会情報

氷上演技会情報(アイスショー情報ブログ)